ブログネタ
地球温暖化について に参加中!
日本科学未来館いってきました。
想定してたより俄然、面白かった。いろんな意味で。思わずエントリーしたくなるくらい。
06
「〜館」ってもっと子供向けのものだと思っていたら、結構ごつい内容を取り扱っていました。

◯全体的なアレ。
・日本科学未来館は、「対話を通して色々な人が知恵を出しあって、地球規模課題(地球温暖化とか)を解決していこうという意味合い」で国の政策によって運営されている。
・フロアスタッフは研究・技術系の院卒であったりアカデミック出身。
→ つまり質問すれば結構ちゃんとした解答が期待できる。
(館内バイトとかではなく国に雇われてる系の人たちで、3年ほどは未来館で修行?を積むそうです)
・はやぶさ2がHOTな話題だからか結構押してる
・展示内容は意外と専門的。
私が多少情報持ってて理解がギリギリできた。一緒に行ったそこそこ頭いいはずの連れはコーナーによって理解が追いつかない、とのこと。
→ コーナーや場所によって、ターゲットユーザ誰?という表現のバラつきはきになりましたが。
中学生でもわかるキャッチーな表現をしていたり、これ大人でも結構キビしいぞ、という感じだったり

・個人的に仲良くなったスタッフさんとトークが白熱して連れとはぐれたけど超たのしかった。
(おかげでイベント時しか見れない展示品をこっそり見せてもらってしまった^ω^)

◯<常設展>←一般入場券
17
私がいった日程・時間では、
「ASIMOは非公開」「企画展入場券販売終了」でしたので、一般入場券で観れるのは
3F(宇宙・環境とか)と5F(ロボティクス・情報科学・デジタル表現とか)だけでしたが十分頭使いましたです。
※今回の企画展はプロジェクトマッピング


◯展示会場:一部写真
  • 5F(宇宙・海底・異常気象・素子…分野)

・地震コーナー(地震の測定とか予測とか諸々)
02

・深海底・未知の空間のコーナー
36
22

・環境問題コーナー
バイオ技術とか、二酸化炭素削減とか、エネルギー問題とか、環境保全とか
4410

  • 3F(色んな未来技術・課題の展示、ロボティクス・アンドロイド、デジタル表現・3D、情報科学…)
・最新技術的な。
550007

・HONDA:UNI-CUB(イベント時間じゃないのに見せてもらえた)
HONDAの最新製品でまだ価格も決まっていない模様。
コントローラなしで体重移動でハンズフリー操作。
コンセプト的には健常者の移動を楽にする、ということらしい。
利用者の体重によりけりだが平均成人男性で利用可能時間5時間くらいらしい。

33031624

・食料問題へのスポット
02

・デジタル表現コーナー。(VR技術・3D技術とか)
12/5(金)に東大で行われたシンポジウムJST2012〜2014シンポジウム「情報学による未来社会のデザイン」第3回「人間力・社会力を強化する情報技術」で発表されていた舘さんの技術コーナーがありました。
(シンポジウムで宣伝してたのを見たから、知ってて行ったんだけど。)
1341


◯スタッフさんと仲良くなった話
5Fの宇宙・素子コーナーでスタッフさんと仲良くなりました。
ぶっちゃけ未来館も面白かったけど、この人との話がかなり面白かった。
展示内容を見ながら理解に頭を走らせてると声をかけてくださって「何か質問ありますか?」と言われたので、色々質問してみたらずいぶん専門的な返しが的確に返ってきて、ただのバイトさん的なのじゃないの?みたいなところから
色んな話題に飛び火して(主に未来技術とか地球の課題とかそのスタッフさんの研究分野の話題)盛り上がって仲良くなってしまった。

★大体話した内容は以下。
・日本科学未来館のフロアスタッフは研究・技術系のバックボーンのある人が務める
(1年目はフロアスタッフで専門知識ありきでお客様対応、2年目は技術・研究分野と企業との連携企画やプロジェクトに参加、3年目はそれぞれらしい)
・未来館のコンセプトって結構ごつくて、対話を通して色々な人が知恵を出しあって、地球規模課題(地球温暖化とか)を解決していこうという意味合いで作られてる
・そのスタッフさんの研究分野:体内時計・細胞科学
 → 睡眠導入の話題に飛び火した時
「睡眠薬」と「体内時計・ホルモンバランスによる睡眠促進」はアプローチが全然違う
睡眠薬:強制睡眠のため質の良し悪しは担保されず、PCでいう強制終了だから身体によくない
体内時計操作:細胞に対してアプローチし睡眠導入を「自然に」行うため健康状態を回復させることが研究されている
脳波コントロールは?:今現在研究が進んでいるがアプローチとして上記2つとの状態の変化はスタッフさんがちょっと把握してなかったみたい
・スタッフさんの経歴:
…経済科学(市場予測とかビッグデータあたりをしてたらしい)
→生命科学(細胞とかホルモンとか医療寄りのこと)
→院卒で就職、"未来政策"的な国のプロジェクトによって日本科学未来館で勤務。
・スタッフさん個人の専門分野以外も未来館のカバーする範囲は一通り勉強するみたい。

後日談:
トークに白熱してたら「寧ろあなた何してる人ですか」的な質問が繰り出されたので
その時わたしこんなことしてますーて名刺交換したら当日中(というか別れた直後くらい?)にお礼メールがきて、
「お客さんとこんなにフラットに盛り上がってインパクトあったの初めてです!もっと研究・技術のお話しましょう!」的な流れになって今度飯でも行きましょうってなった。←今ココ
やっぱ研究熱心なんだな、そういう話になると生き生きして話してるの聞いてると勉強になるしワクワクするわぁ。
メールのやり取り中に、未来館内でトークしたいくつかの論文すでにチェックしたとか言ってるし。流石だなぁ。
まぁ私が知ってる情報なんて今の業務で関わるあたりだからガチのアカデミックな深い話できねーよ、って予防線張ったけど、、、あの感じ、白熱しそう。w


さて、長くなってきた。
とりあえず楽しかったし、よかったよってことです。はい。
12/5の東大での未来技術系シンポジウムもまとめようと思ったけど気力ねぇや。

over.