scr*atch

メーカー広報の狗が壁にぶち当たりながら徒然なるままに書き綴る。 //神戸(芸大)→東京(Webマーケもどき)→神戸(メーカー広報の狗)

2014年11月

<イノベーション>輪読会の前に記憶を掘り起こす<自分メモ>

自分用メモなので概ね自分がわかる範囲の殴り書きで。
・輪読会なるものに参加できることになった。
・書籍は「イノベーション」の仕組み的なもの。
・書籍リストの過去に読んだことあるものの内容を自分なりに思い出す。
(尚うろ覚えと認識違いがありそうなためどこまで参考になるやら…)

ぶっちゃけ大体「"イノベーション"てなに?とりあえず単語をググるか」の
酷い認識の時に読んでたことを、書き出し始めてから気付いて 絶 望 し た 。←今ココ
大半理解できてないよね感が、内容を頑張って思い出してて明らかになった系。

20120724

時間がないのでサクッと。

******************************

◯イノベーションのジレンマ
     経営者の健全な決断が企業を失敗へ導く。
     市場を正しく分析できるようではイノベーションは生まれない。
     イノベーションをするなら既存の市場ではなく、新しい市場を見つけるか作り出す。
     分析できないから小さく心配して試行錯誤する中で見つけていく。

◯オープン・イノベーション     
     コモディティ化の罠を潜り抜けるために企業の競争優位性を強化しろ、的な
 
◯発想する会社(アイデオ)
     その場所からでて、市場、顧客、製品を観察しよう。狂ったようにブレインストーミングをして、山のようにプロトタイプをつくろう。
     セレンディピティ(何かを探している時に探していたものとは別の何かに出会う)を多発させることが大切。
     セレンディピティの多発は、「観察」「ブレインストーミング」「プロトタイプづくり」によって発生させられる。
     差別化(あるものを分ける)じゃなくイノベーション(新しいものをつくる)が大事。

◯スティーブジョブス脅威のイノベーション
     「イノベーションとはものごとの新しい進め方で、よい方向性の変化をもたらすもの」
     大好きな楽しいことやれよ、誰もがイノベーターで夢を現実にする「未来にある当たり前」を創れよ、的な

◯マネジメント
     基本と原則って大事だから叩き込め。企業の価値を決めるのは顧客で営利ではない。
     適材適所があってタイミングがあって、構造と戦略を練り「どうあるべきか」を問うこと。

◯イノベーション・マネジメント 成功を持続させる組織の構築
     「どうやってイノベーションをおこすかでなく、どういう姿勢でイノベーションに取り組むか」の本

◯コピーキャット―模倣者こそがイノベーションを起こす
     イノベーションを起こすためにイミテーション(模倣)は必要。
     が、模倣にも戦略が必要で、うまくビジネスとして模倣する難しさは模倣+αして複合的することで新しいものを生み出す。
     「イノベーションとか模倣とかって、そんな単純な物じゃなくて、いろんな類型があり、それらが複雑に組み合わさって製品とかって生み出されてるよね…」

******************************

なんだこれ・・ひどいな・・あってんのかよ・・(呆然)

以下、視野に入れる書籍
マクロウィキのミスク
イーロン・マスクの野望
イノベーションのcsv戦略
ユーザーイノベーション(
第5の未来
オープンサイエンス革命
経営の未来
イノベーションと起業家精神
資本論
クリエイティブ資本論
zero to one 
シュンペーターまとめ(日経ダイアモンド)
リーンスタートアップ?
技術とイノベーションの戦略的マネジメント (上)
起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと
イノベーションを起こすために戦うときの実践本・DVDベスト10
企業変革力
シリコンバレー直送起業術
プロフィット・ゾーン経営戦略―真の利益中心型ビジネスへの革新
リーン・スタートアップ
イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル 
イノベーションの本質
オブジェクトからプロジェクトへ
クリエイティブ・クラス  



****************************** 
t01850273_0185027313035648588
↑今のわたしの心境というか焦り、こんなん。
これから読んで理解できるのか大丈夫か感の不安がやばい。

某タクシー会社さんの裏じゃないけど裏話的なアレ

ブログネタ
☆★ 東 京 ★☆ に参加中!
先日ちょっとタクシードライバーさんと盛り上がった話。(気付けばメモ取ってたよ的なアレ)
社名あげていいやら…なので、関西出身の私には初めて乗るタクシー会社さんだったというくらいで。

話題は某タクシー会社さんの仕組み的な。
TAXI


道端で拾うお客さんは極端に少ない
タクシーさんは勿論タクシー会社から無線がずっと飛んでいて通信しながら営業している。
「電話でタクシーを呼んでるお客様に貴方が一番近いので迎えに行ってくださいね」
という道端で拾わない系のユーザを「無線客」と呼ぶらしい。

その頻度でいうと、大体は無線客なんだそうです。
無線客15本:一般1本
なにこの比率!!道端でタクシー呼び止める人すくない!!(個人的に想定以上でした)
今は電話かアプリでタクシー呼ぶケースが多いのだとか。
※客数は1乗車を1本、2本・・・とカウントするそうです。


車体色はスキルを示す
某社さんの車体色は、黒色と緑色。
黒:お得意さん専用(常連さんやお偉いさん及び行事に使用される)
緑:一般客専用(いわゆる一見さんや一般客用に使用される)
車体にそれぞれナンバリングがされて担当者が付くが、
黒車の人は緑車の代行はできるが、緑車の人は黒車の代行はできない。
というのも、黒車の方にはタクシードライバーの別途試験がある。
(常連さんや偉い方を乗車させるのでそれなりのスキルや知識を求められる)
試験内容は、地理試験やマナーや運転技術などを見られるそう。
※試験に合格しないと黒車の担当者にはなれない。
が、タクシー料金は同額なので道端でタクシーを拾うことがあれば
黒車を呼び止める方が安心安全ハイクオリティ

なお小ネタになるが現在の車体は
TOYOTAクラウンでドアミラーは前方に設置するのが主流なんだとか。
※窓横にドアミラーがあると体の大きなお客を乗せたときにミラーが見えなくなるから。


厳しい罰則:遅刻厳禁
無線やユーザへのお迎えには、
自己申告で「5分」か「10分」以内の到着予告を会社に報告。
遠いようなら勿論早く行けるタクシーに手柄を譲る羽目になるし、
無線に応答しないと評価を下げられるのだという。(つまり暗に断れない)
そして、厳しいのが
「5分」と予告して2〜3分「10分」と予告して3~5分の到着遅れは「未着」の印を押される。
さらに、厳しさ極まるのが
未着3回で始末書を書かされる。客商売だから致し方ないものはあれど他人事で聞くととても厳しく感じる。


安全運転にはご褒美が!
打って変わって嬉しい制度。無事故無違反乗務には会社からご褒美をもらえる。
※以下()内は設立40年間程の過去総実績だそうです。 
 
400乗務: 賞金3万+旅行一泊(勤続3年位の平均乗務数で達成率5割程度
800乗務: 賞金5万+旅行二泊 (これは非常にハードル高く、達成率1割程度
1200乗務: 賞金10万+旅行三泊 (過去40年間で達成者は3人だけ
1600乗務: 未達(過去一度も達成したドライバーはいない)
※旅行はドライバー本人を含む家族人数分をまるっと頂ける。
 
ただし、月売上のノルマ客単価があり(流石にノルマ金額までは教えてくれなかった…)
ノルマをビハインドするとその時点で乗務カウントがリセットされる。
また、無事故無違反連続乗務がルールのため事故違反をすると勿論リセットされる。


客の掻き入れ時:深夜0時と深夜2時前後!
日付が変わる12時前後と深夜2時前後は黒車が取り合いになるんだとか。
というのも、専ら常連さんとなるのは「テレビ局の人」。 
テレビ局の退社ラッシュが深夜0時前後。
そして、テレビ局入りが早朝3時が多いため
通勤時間となる深夜2時前後はお台場六本木が超ラッシュ!


毎朝20分おきの朝礼
某社では毎朝6時から20分おきに朝礼を行う。
なぜ20分おき?
なぜならドライバーの出勤時刻がまちまちだから。(早く業務を終えたい人は6時から出勤)
20分おきに行われるどれか一つの時間の朝礼を必ず受けることから業務がはじまる。
◯朝礼の内容
・アルコールチェック
・免許証確認
・苦情や注意事項・天候の共有などのトピック
・(ちょっと小話)など
因みにどんな話があるの?と、その日の朝礼の小話を聞いてしまいました!(ドヤ顔) 
--------
先日とあるタクシー会社のドライバーが40代女性を自宅まで送り届け
重そうな荷物を持っていたため自宅まで荷物を運んであげたそうだ。
…しかし、女性があまりに魅力的だったのかドライバーは突然キスをしたのだという。
 女性は憤怒、弁護士を立てて勝訴。賠償金、その額は実に80万だったという。
-------- 
(この話題社外秘とかでなく普通にニュースになっていたそうです、念のため) 


忘れ物は警察でなくタクシー会社に!
最後は比較的ライトな内容。
タクシーでの忘れ物は、警察ではなくタクシー会社に回収される。

警察に届けてしまった場合、お客が忘れ物を受け取るのに
状況説明や本人確認等々の煩わせてしまうため。 (因みにドライバーが警察に忘れ物を届けちゃうと厳重注意)
そして、商売だな〜と思ったのが
基本的に忘れ物があった場合はお客に直接タクシー会社まで回収に来てもらうのだが
「取りに行く時間がないから忘れ物を自宅あるいは会社まで届けてくれ!」とオーダーがあった場合
タクシー会社から届け先まで、タクシーメーターをきっちりONにして
忘れ物を届けた距離分のタクシー代を頂戴するのである。(当然っちゃ当然かw)


痛車タクシーは見たいけど乗りたくないよね
まとめると以下情報をタクシーの運ちゃんから頂戴しましたw

・乗客は無線と一般の比率が15:1
・車体色は黒がハイスキル・緑が一般
・到着予告5分or10分の自己申告(遅刻3回で始末書)
・無事故無違反のご褒美制度(ただし月ノルマ達成必須)
・掻き入れ時は深夜0時と2時のテレビ局勤めの常連さん
・毎朝20分おきの朝礼
・忘れ物は警察でなくタクシー会社に

めっちゃ聞き出したな私wwww
そんなこんなでニヤニヤしておりました。はい。痛車タクシー痛いよ怖いよ。

 

【書籍】エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

会社の人に勧めていただいたので丸善いってきました。
99%の無駄を捨て1%に収集する方法
上記の煽り文句とダニエル・ピンク(マーケティング3.0)の文字を見て、
これだ!と平積みの表題の本を手に取りました。



ザッと読んだ個人的な印象・感想をポツポツと。
全体的には煽りの通り(そりゃそうだ)
無駄を省く、量より質、作業効率化(作業・思考ともに)といった内容。
・エッセンシャル思考なるものや本書内で述べることには「そうだよね、うんうん」。
・さて、それをどうやって実践するか・日常に活かすか・・・どうしたもんかね。
・非常に読みやすいな、文章構成が優しい使われる言葉が理解しやすい(あまり考え込ませない)
・文中に「レ・ミゼラブル(映画)」が出てきて、ふふってなった
・割と色々と実例・事例を挙げてくれているので飲み込みやすい(こういう書籍はそういうもんですが)

さて、おおよそのまとめを以下に。
エッセンシャル思考とは?
◯方針
より少なく、しかしより早く
→成功した経営者の言葉であるが、これに尽きる。
 雑多な多くの作業をするのではなく、より答えに必要な仕事"だけ"を選び、最速でこなす。
◯人材
人材の選別にこだわり、邪魔な人材は排除
→大量採用しても教育・管理コストがかかるため、本当に必要な人材だけを選りすぐれ
◯戦略
「何か一つだけしかできないとしたら」何をするか?を考える
→優先順位ををつけるのは大事だが"どれか一つだけ"という限定してあとは切り捨てる
◯タスク分担
各メンバーの特性・目標にとって最良の配置を決める
→よくできた上司とは、正しい情報を正しい人に正しいタイミングで伝える
◯コミュニケーション
耳を傾け、本質を見抜く
→喋りすぎることなく、しっかり聞いて言葉尻ではなく"本質"を明確に捉える
◯部下育成
小さな進歩を重ねているか、を適切にチェック
→飛躍的進歩でなくても徐々に伸びていくことが重要である
◯成果
チームがひとつにまとまり、明確に決めた方向へ飛躍的な成果をあげる
→目標を立てるときは"明確"に。"雰囲気"の目標を掲げた企業は失敗している。


相反して、
非エッセンシャルとは?
◯方針
より大きく、より多く
◯人材
やたらと人を雇い、愚鈍な集団を作る
◯戦略
優柔不断で方向性が定まらない
◯タスク分担
誰が何をやるかの不明確で、決定の根拠がわからない
◯コミュニケーション
自己中心的にしゃべる
◯部下育成
細々と首を突っ込みすぎ羽化、忙しすぎて放置するかの両極端。あるいはその両方。
◯成果
チームはバラバラになり、あらゆる方向に1ミリずつの成果しか出せない


うーん、やっぱ表組みにしたほうが見易いっすね(じゃぁやれよ;)
結局、大きくは
・やること減らせ(やること"だけ"を選択しろ)
・意見・アイデアを取り込め(自分だけで突っ走るな)
・目標は明確に(ぼんやり目指すことほど危うく発散させることはない)
みたいなところかね。

「よくできた上司とは、正しい情報を正しい人に正しいタイミングで伝える」
これは、ほんと、思う。そして難しい、よね。
正しい情報ってなによ?根拠、出展、流れ、勘違いさせないアウトプットと伝え方。
正しい人って誰よ?どういう考え方をするか、受け取ったら何を思うか、理解への姿勢があるか
正しいタイミングって?成長のタイミングとして、実力"ちょい上"を見せるってことよね・・・
実力よりはるか高みすぎると明確な作業や思考の流れが、点と点が繋がらない。
実力内で安易に収まりすぎると作業は慣れれば早くなっても、"人間とは惰性する生き物"という前提があるわけで刺激や"あとちょっと足りない何か"に頭や手を動かさなくなっちゃう。

まぁ意外とサラッと読めちゃうので、立ち読みでもしたら良いのでは。という。


続きを読む

【情報発信】「届け」の思いを込める話

ブログネタ
夢追い人になる に参加中!
気持ちを込めたものは伝わりやすくなるんじゃないか、という話。

昨晩、上司と飯に行ってきました。(とてもうれしい)
そこででた何でもない話なんですが、ちょっと忘れたくないと思いまして。


「届け」と念じながらプッシュする
medium_5078868809

ウェブサービスだとアップデートを繰り返す。でもそれはウェブサービスに限らずですよね。
「ヒトに伝える」という行動全ての動作のキーとなるタイミング、
Enterを押すタイミングに「届け!!」と念じながらプッシュする。 

ただ「Enterを押す」という一動作なんて、日常でなんらピックアップするものでもないですが
なにも考えなければ"指を上から下へ落とすだけ"の動作。
それがどんな過程の上に成り立つ「プッシュ」でもいいんだけど
想像してくださいEnterを押す時に

「届け!」と思いながら押す

無感情にポチッと押す


本当に届いて欲しいと思って、それまで作業を進めてきましたよね。
少なからず貴方や仲間の時間がそこに詰まってますよね。
その発信する情報がいつかどこか見知らぬ誰かの人生を変えるかもしれないですよね。
 別に、恥ずかしいので声に出さなくていいです。
でも、思いを込めるっていうのを忘れるのは勿体無いなって思いました。

今まで自分がしてきたことに対して、無感情に"作業"になってることが悲しいなって思いました。

「届け!」が誰に対してでもいいです。
知ってるヒトでも、知らないヒトでも、横の人でも、未来の自分でも、誰でもいいです。
でも「伝われ」と思って形にしてきたものを、自分に言い聞かせる意味でも 大事だなって心底思った。


そんで、「伝える」ことを今まで散々してきた上司が、恥ずかしげもなく
「俺は"更新"のボタン押す時に、"届け"って思いながら押してんだよ」
なんていうから…ちょっと想像してみたら、、、なんか胸が熱くなった。
恥ずかしいから言わないけど、泣きそうなくらい「そうだな」って思った。


そうだよな、私は今だれかに"届ける"仕事をしてるんだなって。
万人受けしなくってもいいんだけど、どこかのだれかに響いて欲しいって本気で思ってる。
入社前やプロジェクトに関わる前は正直なーんも感じてなかったくせに、
プロジェクトや上司と関わるようになって、私が一番影響受けた。

「世界や未来が拓ければいい」「未来へ加速しろ」って
どっかの漫画でいってそうなことを本気で思うようになった。

こういう思いを、他の人にもしてほしい。
共感してくれ、とまで押し付けれないけど、今までよりきっと世界が肯定的に見えるはず。
今までより、ちょっと生きることに熱くなる気がする。言語化すると恥ずかしいけど。


ちょっと脱線したけど、つまり
気持ちの問題だけど、それってとても大事なことだよね?って話。


ただ無感情に"作業"にしてしまうんじゃなくて、
「届け」って思いを込めて発信していきたい。





ほら、サマーウォーズでも「よろしくおねがいしまあああああす!!!!」ていうやん。

「叶って欲しい」「届け」「伝われ」って思うと"本気"になれるよね。
本気になると、そう思えるよね。誰だって報われたいに決まってるじゃないか。
そういうの、なんだかんだ熱くなるじゃん。もっかい自分で反芻してみようって思えた。

"良い文章を書けるようにする"

ブログネタ
ビジネススキルを磨く方法 に参加中!
※本エントリー下書きしたまま放置してたけどあえて再編集はしない。(読み返した時の温度差たしかめるため)
e4e1b231

とある文章を仕事で執筆していて、唐突に立ちはだかる壁にマッハで顔面衝突した
 
いい文章が書けるようになりたい」というもの。
 
いい文章っていうのは以下のようなものを意図しています。
・まともな日本語が使えている
・読んでいて苦にならない
・読者を引き込むことができる
・情報を伝えることができる
+自分で書いていて修正ポイントに気付けるようになる
 (誤字や脱字は勿論、日本語のおかしさや文章の並び的間違いなど)




いい文章を声に出して読む話
img-17483557-1-468x302
解決策、というか学ぶべきは以下です。

1)いい文章を知る
そもそも正解を知らないとモノはアウトプットできない
2)いい文章とわるい文章の違いを感覚的に掴む
わるい文章を内容や要素をそのままにして、修正できるようにする
3)いい文章をかく
0ベースで情報を揃えるところから"いい文章"を作り上げる


その中の、大前提①【いい文章を知る】についてスポットしようかと。
その後のステップは【いい文章を知っている】なら手繰り寄せられる気がしてるので。

「いい文章を知る」には"いい文章を声に出して読む"
やっと冒頭に戻ってきました。

いい文章って?…まぁ分かりやすいものは「日経(日本経済新聞)」とかですよね。
とはいえ、良い文章ってなんぞ?て思ってる私みたいな人間には
何が"良い手本"なのか分からんです。(分かるようになれるように頑張るんですが。)

なので、本エントリーの最下部に
上司に良い文章を知るために薦めていただいた本を列挙しておきます。
 なお、私もまだ全部読破できていない模様(声がかれるのが先でしたハイ)




さて、何故「声に出して」読むのかって話。

良い文章を身体で覚える(部位としては、発声する口/考える脳みそ/聞く耳)
良い文章の感覚を覚える("違和感"に気付くためには"本来どうあるべきか"が自分の中に必要)

良い文章を
①「発声」した自分の声を
②自分の耳で「聞く」ことを繰り返して
③頭に「覚え」させる
それが板につけば、
変な文章を読んだ時に「今へんなこと言ったぞ?読みにくかったぞ?」と違和感に気付けるようになる。


継続は力なり、なので一朝一夕で身につくとも思えないので繰り返しやるしかない。
…と、これから学ぶ身である私は思っているので
とりあえず小声でボソボソ朗読することを始めます。



独り語りしたいわけでもないので「伝わる文章」が書けるようにならなくては。





書籍紹介
以下、上司に"いい文章"の土台作りに紹介していただいた書籍でございます。



次世代コミュニケーションプランニング
高広 伯彦
ソフトバンククリエイティブ
2012-03-30


 
  • ライブドアブログ