図書館で基礎学習を。一先ず借りてきたのが以下ラインナップ。
最近出版された本は予約して、取り寄せてもらって後日引き取りにいくます。
最寄りの図書館だからかもしれんが、生活系書籍は多いけどビジネス系が極端に少なくて沈黙してしまった。。。 

図書館書籍

気にしたのは、出版年。
当時はイケても現在は時代にあってない・市場はかわった、では話にならないので。
現代でも使えるノウハウを取り入れていく。 とはいえ過去のことも流れを知ることは必要。


本日は、エントリータイトルの書籍を。


「高売れキャッチコピー」がスラスラ書ける本
2011 -[著] 加藤洋一 
◯著者について
マーケティングコンサルタント
その商品ならではのウリ(USP)を見つけ出すことが得意分野。販促活動支援。

◯書籍前半
 安売りしまくる時代で同じく安売りするのはもうやめよう。
 売上重視でなく利益重視で、"高値"ではなく"価値に同意してもらった値段"で売る。
◯書籍中盤
 キャッチコピー改善で高値れした「成功事例」紹介
◯書籍後半
 キャッチコピーの書き方・考え方

というわけで、書籍後半のHow to部分を反芻。


キャッチコピーを作成する6つのステップ
  1. 商品の特徴を書き出す
  2. 特徴を受け取った顧客のメリットを書き出す
  3. 特徴と顧客メリットをつなげる
  4. ライバル商品のキャッチコピーを調査
  5. 高売れキャッチコピーを精査(案の絞り込み)
  6. キャッチコピーのチェック
アイデア(言葉・要素)を書き出すときは、最低でも4〜5個をひねり出す。

 
キャッチコピーパターン
  1. 数字インパクト型(ビックリ明言化)1234の◯◯だから、△△です。
  2. No.1主張型(すげーだろ系)
  3. ライバルと差別化・優位性主張型(ライバルにはできませんよ)
  4. 驚きを与える保証型(えっまじで?!)
  5. オノマトペ型(感覚的表現)
  6. 一言ストレート印象型(ズバリ!)
  7. 意外性ひきつけ型(えっどういうこと?)
  8. 潜在的顧客メリット提案型
  9. 対比型
  10. ターゲット超絞り込み型
以下、ベースパターンの簡易公式(代入式?)でも今のうちに。
<表記の仕方>
型の見出し
公式分
代入要素
例キャッチコピー(書籍より抜粋)


数字インパクト型(ビックリ明言化)
1234の◯◯だから、△△です。
1234=数字 ◯◯=特徴 △△=顧客メリット
200m手延べだからのどごし最高です。

No.1主張型
⭐︎⭐︎で1位!◯◯の△△「商品名」
⭐︎⭐︎=ジャンル・カテゴリ・ランキング ◯◯=特徴 △△=顧客メリット
子供食器ランキング1位!世界にひとつだけのオリジナル食器「名入れ子供食器」

ライバルと差別化・優位性主張型
◯◯できる「商品名」▲▲できます!
◯◯=特徴 ▲▲=ライバルが嫌がって表現できない顧客メリット
定員2名まで!講師を独占できる「セラピスト養成スクール」講師が直接手を取って教えます。

驚きを与える保証型
⭐︎⭐︎保証、△△します。
⭐︎⭐︎=保証する内容 △△=顧客メリット
3年間寿命保証!ハイスカッターに比べて、切れ味が長持ちします。

オノマトペ型
◯◯だから、♪♪で△△です。
◯◯=特徴 ♪♪=顧客メリットとなるオノマトペ △△=顧客メリット
ローマで修行した職人が焼くから、「パリッ」「モチッ」でおいしい!

一言ストレート印象型
▲▲▲▲!◯◯が△△できます。
▲▲▲▲=顧客メリットを端的に言い表した四字熟語や言葉 ◯◯=特徴 △△=顧客メリット
一目瞭然!最小パーツ装着が最大の効果を演出。

意外性ひきつけ型
No!⭐︎⭐︎!◯◯だから△△です。
⭐︎⭐︎=否定する内容 ◯◯=特徴 △△=顧客メリット
No!待ち時間!待ち時間にお読みいただける、人気の漫画コーナーはこちらです。

潜在的顧客メリット提案型
◯◯だから▲▲です。
◯◯=特徴 ▲▲=潜在的顧客メリット
200m手延べだからのどごし最高です。

対比型
◯◯だからAなのにB。
◯◯=特徴 [A][B]=「[A]なのに[B]」と対比になる顧客メリット
壺で作るからツーンが取れてまろみ増す。

ターゲット超絞り込み型
⭐︎⭐︎の方へ、▲▲できます。それは◯◯だからです。
⭐︎⭐︎=絞り込んだターゲット ▲▲=顧客メリット  ◯◯=特徴
全輸入車緊急整備対応可能!世界で認められた整備士在籍。



over
※上記、書籍内の言葉がところどころ口語のため「つまりこういうことだよね」で言語化してまとめた部分があります。


◯個人的補足
書籍には書かれていないものの個人的に、考える事。
・誇大広告にしない。言葉にすることの事実確認をしっかりする。
・商品を購入した後の「使っているところ」などのイイ未来像を想定させる言葉。
・キャッチコピーを載せる広告媒体(DM/mail/POP...)に合わせてコピー型をチョイスする。
・カタカナ・ひらがな・ローマ数字・英数字の使用チョイス。
・テイストに合わせたフォント選択。

◯感想
例文とかを出してくれるんですけどやはり古い本(2011年)ではあるので
「意外性なくね?」とか「刺さるかコレ?」とか微妙なところは突つきだしたらキリがないので
基礎的な考え方とかパターンとか必要な情報を取捨選択すれば比較的読みやすいHow toかと。
とはいえ今更感が強すぎたというか、当たり前だけど「商品への理解」っていう大前提ありきなところ。
色々書いてはあったけど、使えるのは上記まとめたあたりかと。(噛み合ってないとこもある気がせんでもない)

 こんなもんですかね。
一応全部読んだけど読み飛ばして良いとこも多い気がする。(ガチ初心者は全文読むべきとは思う/理解の範疇が不明なため) 



 以上。