知り合いがSNSで、投稿した。(要約)
「企画やデザインをするクソ共は何も分かってない、客はそんなもの見ない。
 営業マンが売りたいものが、売れるんだよ。だから物売りは楽しい」
…デキる営業マンなんだな、と思った。
売上を上げる”だけ"の営業マンなんだな、と思った。
 
8ae092fd72650c726ebf71b1d2389297_s

新卒時代、自分が営業だった時に同じことを思っていたのだけれど
ふと「あのユーザは本当に幸せだったのだろうか」と不安に感じた。
当時営業成績社内トップだった私が「このお客様には多分A社のY商品の方が合うと思うんですよね」と上司に言って、それでも売れと言われた。
自分は営業に向いてない、という端的な答えに到達した。

大学時代、就活生だったころ某企業の面接で
「営業とはどんな仕事だと思いますか?」と訊かれて
「お客様に幸せの選択肢を提示する仕事」とテンパッた状態で発した。
面接のフィードバックをしてくれる丁寧な企業だった。
担当された営業部長さんが「大体の学生は”売上をあげる(物を買わせる)仕事"って答えるんだよね」と言った。
次の瞬間「僕の権限で内定を保証する、僕の下で働いて欲しい」と言われた。
他にも内定は頂いていたけれど、あの時の(辞退してしまったけど)営業部長さんの強い目がとても印象的だった。単純に嬉しかった。そういう目をした人だった。


◯企画も宣伝も必要
両方やってきた人間としてはどちらもやはり必要、とかいう無難な答えになる。どちらもってのは、どちらの"質"も。
(これ、本エントリーの私的結論/長いから「以上!」で良いレベル)

◯為すべきは顧客を幸せにすること
いいものを作っても伝える人がいないと価値は理解されづらい、いいもの作れば売れるってのは傲慢にも思う。
営業力があって売れるのは素晴らしいけれど、その後の買い手の生活を豊かにしないなら正しい価値を伝えられてないことになる。
買った瞬間の満足感を得て自宅で埃をかぶるなんて、悲しくないか?

◯自己判断よりも、有名なものが売れる
例えば近年"名曲"が生まれてないのは、
業界人の"素晴らしい技能だ"よりも「あの俳優が出てるドラマの曲だから」の方が売れてしまうことにある気がしている。
本当に優れた楽曲でも拾い上げる人・スポットを当てる人は必要。
その場だけブームになって忘れられる楽曲が多いのは振り返るととても切ない。
まぁ宣伝て戦略なので、躍っていただけるのは非常に愉快なのだけれど。

◯その場だけの価値は積み上がる質にならない
勿論売上って大事だから売れるのはいいことなのだけれど、
そうして世の中に溢れるものの質が下がっていくのは長期的に見てナンセンスだと思う。
塵も積もれば山となる?それゴミ山だよ。

◯強調された情報に慣れ、選択能力を失う
消費者の選択する能力を著しく下げ、判断力のない人間が増える。
「なんで買ったの?なんで好きなの?」
『有名人が起用された商品だから。』
…じゃぁ、固有の宣伝塔がない並列した物事が並んでいた時、選べなくならないか?
選べたとして、その理由を的確に述べることが容易ではない、だろう。
なんとなくココが好きなんだよねぇ…なんだよなんとなくって!
ソムリエがテイスティングできないみたい。
「このパッケージ高級そうだから、美味しいはずだ」なんて
味を判別できない(自分の中にインプットしてない)からテイスティング出来ないようなもの。
500円のワインも、500万円のワインも、
違いがわからないなら500円のワインだけ飲んでろよ!

◯市場に出回るものを見て人は育ち、社会が構成される
つまり、結論なによって
企画者も販売者も双方 頭使って向上しろ。
世の中の質を向上させる要素なんだと思う。
違いがわからないなら安いワイン大量生産の500円ワインだけの世界と
色んな味のピンキリの値段で多種多様なワインのある世界、どっちがいいの?

ダサいものが並んで、…こっちの方がマシ、なんて選択よりも
どれも素晴らしいけれど、より自分にフィットするのはこれだ、って方が望ましいと思う。
消去法よりも妥協ばかりよりも、素敵要素で溢れた方が夢があるじゃない?

◯結論:企画も営業も必要
冒頭に戻る。



<----------お茶を濁す---------->
とはいえ、みんな選択はするし、理由は”なんとなく"でもいいんだよね。
最適解に気付けず間違った選択をしたことにも無自覚なら、それはそれで幸せかもしれない。
500円ワインで幸せになれるのも、なんら悪いことじゃない。
でも、500万円のワインの味を知っててもいいじゃん?可能ならね。



何が私にこんな長文書かせることになったかって、悲しかったのかも。歯がゆいというか。先輩がそんな投稿するのを見たくなかった、とかいう身勝手な憤り。
売れる力があるなら、いいもん売った方がみんな幸せじゃん?
いいもの作る力があるなら、手にした人が幸せになって欲しいじゃん?
みんなでいいもん作って、みんなで幸せになればいいじゃん!という綺麗事。


自己満足すぎて文章まとめる気というか削る気なさすぎて、、、どうしよう。
数日後に恥ずかしくなって削除したりするんだろうか。(ソワソワ
だけど、多分…今の自分の考え方ってこうなんだろうなぁ…とは思う。
BUMP OF CHICKEN的な意味合いをエントリーしたかったんだろう。多分。
BUMP OF CHICKEN訳:弱者の反撃)

さて、明日は朝一病院だ。寝よう。