セミナーにいってきたので簡易議事録でもあげておく。自分が忘れそう。
0632
こうべ・まちづくりの伝承事業 ユースセミナー2015
 こうべまちづくり会館では、阪神間の大学生や若い世代が「神戸のまちづくり」について、受け身ではなく、能動的に学ぶセミナーを開講します。
 2014年度は「震災復興まちづくり」をテーマに学び、2015、2016年度は神戸の「開港以来のまちづくりの歴史」をテーマとし、2017年度は「これからの神戸」をテーマに学びます。

●第2回神戸の景観』
 講 師 : 安田丑作氏(神戸大学名誉教授)
       山本俊貞氏(都市計画家)
 進 行 : 岡本知佳子氏(神戸市住宅都市局まちのデザイン課)
 内 容 : 守り育てる神戸のまちなみについて








20150606180446
「ユース:学ぶ世代」としてセミナーを開講
去年:震災から20年「震災復興まちづくり」セミナー開講
今年:神戸のまちづくりの講座

都市景観の理念と実践 - 頭で考え、想ってきたこと -  
安田丑作(神戸大学名誉教授/建築)

◯近代都市計画と<景観>
・景観
  風景、景色、都市美
・清潔しそうと都市美思想
  都市美運動
・都市計画法の制定(1919年)
  風致地区、美観地区
・古都保存法(1966年)
  奈良、京都、鎌倉
・文化財保護法(1975年)
・景観法(2004年)

★都市計画 頭脳的アプローチ
★景観計画 機能的アプローチ

◯高度成長からの転換<まちづくり>
・公害問題から環境問題へ

◯都市景観(計画論から実践論へ)
  1. 「景観」への都市計画的アプローチ(1973年〜)
  2. 景観資源調査(1973年〜/1975年〜)
  3. 景観ガイドライン作成(1983年〜)
  4. 都市景観施策と建築デザイン誘導施策の評価(1986年〜)

◯都市景観とはなにか
都市景観は、都市を構成する自然や建築物・工作物などの物的環境についての主に視覚イメージに関わるものであるが、広く捉えれば都市の諸活動や市民生活を反映した雰囲気なども含まれる。

◯神戸の景観保護規定keywords
・まもり そだて つくる
・親しみ 愛着 誇り

◯都市景観の3つのタイプ
・広域的景観
・都市的景観
・街区的景観

◯神戸市の景観保護<建築への取り組み>
建築家は、自分の建築が大好き。技術は素晴らしくてもマナーに欠けるのではないか?神戸市では景観を壊さないために建築家のナルシストを補正する取り組みを始めた。
神戸市には建築デザインマニュアル公共空間デザインガイドというものが発行されている。
内容例)
 ・開けた道に面した住宅街では、空調機が剥き出しになった外観の家を立てない、とか。
 ・図解・写真挿入等で視覚的に伝えるテキストマニュアル
<町並み景観と建築タイプ>
・町並み建築
・松門建築
・記念碑建築



神戸市の景観政策
岡本知佳子氏(神戸市住宅都市局まちのデザイン課)

◯総合的・体系的施策を条例で早くから展開
・まもり、そだて、つくる
 昭和43年 まちなみ保存型条例
 昭和47年 京都市市街地
43
53


山本俊貞氏(都市計画家)

阪神淡路大震災の後、都市デザイン計画はより徹底された。
復興および新たな建築においては、デザインガイドラインに沿って構築されているため街全体の景観は従来よりも統一されている。 

◯景観の完成度を上げるために
神戸市の法律で60点まで引き上げ
各地区の取り組みによって100点を目指す

51
45
41
41
17
11
37
31
39
51
05
28
53
24




over.