scr*atch

メーカー広報の狗が壁にぶち当たりながら徒然なるままに書き綴る。 //神戸(芸大)→東京(Webマーケもどき)→神戸(メーカー広報の狗)

study

【セミナー議事録】デザインの発想と展開、ブランディング(江角 泰俊 氏)

昨日セミナーへいってきました。サクッと議事録をば。


神戸ファッション美術館主催 mimクリエイターズセミナー
‐クリエイターに伝えたいこと -

テーマ:デザインの発想と展開、ブランディング
講師:江角 泰俊(えずみ やすとし)氏
   Yasutoshi Ezumi(ヤストシエズミ) デザイナー
ナビゲーター:安積 久義(あづみ ひさよし) 氏
  (株式会社OMこうべ 営業推進部長)
creatorsseminar_vol10sidA1 

江角 泰俊(えずみ やすとし)氏
・18からファッションの勉強を始めた
・20でセントマーチン大学入学(首席卒業)
・28の時にブランドを立ち上げ
・アレキサンダー・マックイーンに憧れ
・父:物理学者&住職

デザインの導き方
  1. テーマ(コンセプトの設定)
  2. リサーチ(調査・連想・発展)
  3. デザイン・イメージ(構成)
  4. 制作・ものづくり(物理)

セントマーチンで学んだこと
・①リサーチ/②スケッチブック/③ポートフォリオ/④デザイン/⑤制作
・プロジェクト思考でデザインを起こす
・BOOKをつくる(リサーチしたものをえも写真も素材も貼っていきコラージュ的につくるネタ帳)
・リサーチをしてネタ帳を作る中で、構成能力がつく
・リサーチは"絞る"のでなく”展開する” → 収束させる
・評価が早い(講評の翌日には順位表が貼りだされる)
・手で書くだけで終わらせず、
 頭にインプットさせるために手を動かし、
 頭からのアウトプットのために手を動かし、カタチに起こす
・2Dと3Dを往復する
・失敗した方が面白いデザインが生まれたりする(わざと失敗することも必要)
・理解をする中で要素が導き出される


【ブランディング】Yasutoshi Ezumi(ヤストシエズミ)について
ブランドコンセプト「”理-ことわり-"」理に適ったモノ創り
「理/LOGIC 」をブランドコンセプトとしており、事象、現象、生活、社会、文化、環境の中にある理の中から焦点を絞り、その物、事、摂理、物理に対して考察、実験、研究をする中でデザインを行い、理由のあるデザイン、結果としての形、色、質感を導きだしている。

EX│長方形を使用した衣服のデザイン
①着物は「長方形の素材」のみで構成され、素材のムダがない(合理的な衣服)
 ※だが動きにくい
②洋服は動きやすく身体にフィットさせた構造をしている(合理的な衣服)
 ※だが記事のムダが多い
故に、①と②をミックスさせた衣服を展開させた。

ブランド立ち上げたては
・一人で2年間は営業をしたりコンペに出たりを繰り返した
(3年目からアシスタントを雇った)ちゃんと地べた這いずってます←
・リサーチ不足で理解を落とし込めていない時は消化不良の出来になり、人に伝わらない
・営業→発注、ロット数がないので自宅で100~200着を手縫い
・ストロングポイントをはっきりさせる
(デザイン(図柄)にのめり込みすぎず構成を思考するバランス感を大事にした)
・アウトプット作品(服)が全てを語るものにならなければならない
 自分が口を開くと言い訳となる


 Q & A 
◯どういう時にアイデアが生まれる?
「リサーチをしていくと理解してきてデザイン脳になってきている」
◯コレクションしているものは?
「”知識"ですかね」
◯デザインを起こす時に注意していることは?
「面白いデザインをすること。自分で”いいな”と思えるデザインをする」
◯デザイナーを目指す学生に伝えたいことは?
「デザイナーを目指す学生が少なくなっているので、
 デザインを”好き"になって、諦めないこと。一直線に突き進むこと」
◯憧れていたデザイナーは?
「やっぱり、マックイーンですね」
◯学生時代の目標は?
「当時は漠然と"パリコレでファッションショーがしたい"と思っていた」
◯何故レディースの服を展開している?
「レディースのほうが色々なデザインがあり、幅がある。アイテムが多い。」
◯今のファッション市場についてどう思う?
「時代の流れだなと思う。(←低価格商品が増えてきていることについて)
 比率が変わってきてるのかな、年代が帰ってきているというか。
 低価格なものが流行って、派手なものが流行って、…波があると思う。」
◯今後のファッション業界をどう思っている?
(ファーストファッションが流行りネット通販が増えてきているがどう思う?)
「多様性ができている、買い方・ブランド・使い方など。
 ビジネス的に成り立たなければ消えていくので、絞られていく時代ができてくるんじゃないかな。」
ネット購入は、ファッション購買全体の8%程度。9割は店頭で購入。
◯デザインでこだわるのは様式美?機能美?
「難しいですが…機能美ですかね。”理にかなっているもの”を目指しているので。」
◯コンセプト(ルール)を守るか、ユーザビリティを優先するか、どうしますか?
「難しいですよね、一概には言えないですが。
 ユーザビリティ”お客さんに買ってもらう時”を想像し過ぎると、コレクションの精度が下がることもありますし。
 その時の目的や落とし込めた、自分の中のボーダーラインに従いますかね。バランスですが。」
◯悩んだことは?
「ブランドコンセプト、ですかね。
 ずっとその内容でやっていけるコンセプトか、という。食っていけるか、も重要ですし。お金もなかったですし。」
◯洋服を作る上で海外に行くことは必要ですか?
「僕自身は必要だと思います。
 洋服を作るなら、洋服は海外から来たものなので、理解や知ることは必要ではないでしょうか。和服を作るのに日本に来たことがない、みたいなものと同じような話だと思います。」



Impressions
・受講者は学生が多かった。8割くらい?(江角さんがファッション系の大学講師をしてるから?)
・絵や色の話より、”企画”や”ブランド構成”など考え方の話でよかった。
・"実感や体感したことがある"と響く話が多かった。
 ただの「そうなんだー」という板書的な勉強姿勢で行くと飲み込めない話かも、と思った。
 片鱗でも体感したことのあると本当にわかりやすくて気持ちのいい話だった。
・反芻して、今の仕事の中で、意識して繰り返して"体感"しようと思った
 
【Rumination】
・リサーチしてく中で、理解をすることで構成ができてくる
・理解を落とし込めていない時のアウトプットは中途半端になる
・発想は、連想・展開・発展し飛躍し広げてから、フォーカスしていく
・理解をするために身体を動かし、カタチにするために体を動かす
・企画・構成は、2Dと3Dを横断・反復する
・ストロングポイントをはっきりさせる
・「絵(見せ方)」に固執せず「構成・思考」するバランスを自制し調整する
・コンセプトとユーザビリティ、どちらを優先するか?


いやぁ、面白かった。over.

【セミナー議事録】こうべ・まちづくりの伝承事業 ユースセミナー2015「神戸の景観」

セミナーにいってきたので簡易議事録でもあげておく。自分が忘れそう。
0632
こうべ・まちづくりの伝承事業 ユースセミナー2015
 こうべまちづくり会館では、阪神間の大学生や若い世代が「神戸のまちづくり」について、受け身ではなく、能動的に学ぶセミナーを開講します。
 2014年度は「震災復興まちづくり」をテーマに学び、2015、2016年度は神戸の「開港以来のまちづくりの歴史」をテーマとし、2017年度は「これからの神戸」をテーマに学びます。

●第2回神戸の景観』
 講 師 : 安田丑作氏(神戸大学名誉教授)
       山本俊貞氏(都市計画家)
 進 行 : 岡本知佳子氏(神戸市住宅都市局まちのデザイン課)
 内 容 : 守り育てる神戸のまちなみについて








20150606180446
「ユース:学ぶ世代」としてセミナーを開講
去年:震災から20年「震災復興まちづくり」セミナー開講
今年:神戸のまちづくりの講座

都市景観の理念と実践 - 頭で考え、想ってきたこと -  
安田丑作(神戸大学名誉教授/建築)

◯近代都市計画と<景観>
・景観
  風景、景色、都市美
・清潔しそうと都市美思想
  都市美運動
・都市計画法の制定(1919年)
  風致地区、美観地区
・古都保存法(1966年)
  奈良、京都、鎌倉
・文化財保護法(1975年)
・景観法(2004年)

★都市計画 頭脳的アプローチ
★景観計画 機能的アプローチ

◯高度成長からの転換<まちづくり>
・公害問題から環境問題へ

◯都市景観(計画論から実践論へ)
  1. 「景観」への都市計画的アプローチ(1973年〜)
  2. 景観資源調査(1973年〜/1975年〜)
  3. 景観ガイドライン作成(1983年〜)
  4. 都市景観施策と建築デザイン誘導施策の評価(1986年〜)

◯都市景観とはなにか
都市景観は、都市を構成する自然や建築物・工作物などの物的環境についての主に視覚イメージに関わるものであるが、広く捉えれば都市の諸活動や市民生活を反映した雰囲気なども含まれる。

◯神戸の景観保護規定keywords
・まもり そだて つくる
・親しみ 愛着 誇り

◯都市景観の3つのタイプ
・広域的景観
・都市的景観
・街区的景観

◯神戸市の景観保護<建築への取り組み>
建築家は、自分の建築が大好き。技術は素晴らしくてもマナーに欠けるのではないか?神戸市では景観を壊さないために建築家のナルシストを補正する取り組みを始めた。
神戸市には建築デザインマニュアル公共空間デザインガイドというものが発行されている。
内容例)
 ・開けた道に面した住宅街では、空調機が剥き出しになった外観の家を立てない、とか。
 ・図解・写真挿入等で視覚的に伝えるテキストマニュアル
<町並み景観と建築タイプ>
・町並み建築
・松門建築
・記念碑建築



神戸市の景観政策
岡本知佳子氏(神戸市住宅都市局まちのデザイン課)

◯総合的・体系的施策を条例で早くから展開
・まもり、そだて、つくる
 昭和43年 まちなみ保存型条例
 昭和47年 京都市市街地
43
53


山本俊貞氏(都市計画家)

阪神淡路大震災の後、都市デザイン計画はより徹底された。
復興および新たな建築においては、デザインガイドラインに沿って構築されているため街全体の景観は従来よりも統一されている。 

◯景観の完成度を上げるために
神戸市の法律で60点まで引き上げ
各地区の取り組みによって100点を目指す

51
45
41
41
17
11
37
31
39
51
05
28
53
24




over.

日本科学未来館の感想とか

ブログネタ
地球温暖化について に参加中!
日本科学未来館いってきました。
想定してたより俄然、面白かった。いろんな意味で。思わずエントリーしたくなるくらい。
06
「〜館」ってもっと子供向けのものだと思っていたら、結構ごつい内容を取り扱っていました。

◯全体的なアレ。
・日本科学未来館は、「対話を通して色々な人が知恵を出しあって、地球規模課題(地球温暖化とか)を解決していこうという意味合い」で国の政策によって運営されている。
・フロアスタッフは研究・技術系の院卒であったりアカデミック出身。
→ つまり質問すれば結構ちゃんとした解答が期待できる。
(館内バイトとかではなく国に雇われてる系の人たちで、3年ほどは未来館で修行?を積むそうです)
・はやぶさ2がHOTな話題だからか結構押してる
・展示内容は意外と専門的。
私が多少情報持ってて理解がギリギリできた。一緒に行ったそこそこ頭いいはずの連れはコーナーによって理解が追いつかない、とのこと。
→ コーナーや場所によって、ターゲットユーザ誰?という表現のバラつきはきになりましたが。
中学生でもわかるキャッチーな表現をしていたり、これ大人でも結構キビしいぞ、という感じだったり

・個人的に仲良くなったスタッフさんとトークが白熱して連れとはぐれたけど超たのしかった。
(おかげでイベント時しか見れない展示品をこっそり見せてもらってしまった^ω^)

◯<常設展>←一般入場券
17
私がいった日程・時間では、
「ASIMOは非公開」「企画展入場券販売終了」でしたので、一般入場券で観れるのは
3F(宇宙・環境とか)と5F(ロボティクス・情報科学・デジタル表現とか)だけでしたが十分頭使いましたです。
※今回の企画展はプロジェクトマッピング


◯展示会場:一部写真
  • 5F(宇宙・海底・異常気象・素子…分野)

・地震コーナー(地震の測定とか予測とか諸々)
02

・深海底・未知の空間のコーナー
36
22

・環境問題コーナー
バイオ技術とか、二酸化炭素削減とか、エネルギー問題とか、環境保全とか
4410

  • 3F(色んな未来技術・課題の展示、ロボティクス・アンドロイド、デジタル表現・3D、情報科学…)
・最新技術的な。
550007

・HONDA:UNI-CUB(イベント時間じゃないのに見せてもらえた)
HONDAの最新製品でまだ価格も決まっていない模様。
コントローラなしで体重移動でハンズフリー操作。
コンセプト的には健常者の移動を楽にする、ということらしい。
利用者の体重によりけりだが平均成人男性で利用可能時間5時間くらいらしい。

33031624

・食料問題へのスポット
02

・デジタル表現コーナー。(VR技術・3D技術とか)
12/5(金)に東大で行われたシンポジウムJST2012〜2014シンポジウム「情報学による未来社会のデザイン」第3回「人間力・社会力を強化する情報技術」で発表されていた舘さんの技術コーナーがありました。
(シンポジウムで宣伝してたのを見たから、知ってて行ったんだけど。)
1341


◯スタッフさんと仲良くなった話
5Fの宇宙・素子コーナーでスタッフさんと仲良くなりました。
ぶっちゃけ未来館も面白かったけど、この人との話がかなり面白かった。
展示内容を見ながら理解に頭を走らせてると声をかけてくださって「何か質問ありますか?」と言われたので、色々質問してみたらずいぶん専門的な返しが的確に返ってきて、ただのバイトさん的なのじゃないの?みたいなところから
色んな話題に飛び火して(主に未来技術とか地球の課題とかそのスタッフさんの研究分野の話題)盛り上がって仲良くなってしまった。

★大体話した内容は以下。
・日本科学未来館のフロアスタッフは研究・技術系のバックボーンのある人が務める
(1年目はフロアスタッフで専門知識ありきでお客様対応、2年目は技術・研究分野と企業との連携企画やプロジェクトに参加、3年目はそれぞれらしい)
・未来館のコンセプトって結構ごつくて、対話を通して色々な人が知恵を出しあって、地球規模課題(地球温暖化とか)を解決していこうという意味合いで作られてる
・そのスタッフさんの研究分野:体内時計・細胞科学
 → 睡眠導入の話題に飛び火した時
「睡眠薬」と「体内時計・ホルモンバランスによる睡眠促進」はアプローチが全然違う
睡眠薬:強制睡眠のため質の良し悪しは担保されず、PCでいう強制終了だから身体によくない
体内時計操作:細胞に対してアプローチし睡眠導入を「自然に」行うため健康状態を回復させることが研究されている
脳波コントロールは?:今現在研究が進んでいるがアプローチとして上記2つとの状態の変化はスタッフさんがちょっと把握してなかったみたい
・スタッフさんの経歴:
…経済科学(市場予測とかビッグデータあたりをしてたらしい)
→生命科学(細胞とかホルモンとか医療寄りのこと)
→院卒で就職、"未来政策"的な国のプロジェクトによって日本科学未来館で勤務。
・スタッフさん個人の専門分野以外も未来館のカバーする範囲は一通り勉強するみたい。

後日談:
トークに白熱してたら「寧ろあなた何してる人ですか」的な質問が繰り出されたので
その時わたしこんなことしてますーて名刺交換したら当日中(というか別れた直後くらい?)にお礼メールがきて、
「お客さんとこんなにフラットに盛り上がってインパクトあったの初めてです!もっと研究・技術のお話しましょう!」的な流れになって今度飯でも行きましょうってなった。←今ココ
やっぱ研究熱心なんだな、そういう話になると生き生きして話してるの聞いてると勉強になるしワクワクするわぁ。
メールのやり取り中に、未来館内でトークしたいくつかの論文すでにチェックしたとか言ってるし。流石だなぁ。
まぁ私が知ってる情報なんて今の業務で関わるあたりだからガチのアカデミックな深い話できねーよ、って予防線張ったけど、、、あの感じ、白熱しそう。w


さて、長くなってきた。
とりあえず楽しかったし、よかったよってことです。はい。
12/5の東大での未来技術系シンポジウムもまとめようと思ったけど気力ねぇや。

over.




 

"良い文章を書けるようにする"

ブログネタ
ビジネススキルを磨く方法 に参加中!
※本エントリー下書きしたまま放置してたけどあえて再編集はしない。(読み返した時の温度差たしかめるため)
e4e1b231

とある文章を仕事で執筆していて、唐突に立ちはだかる壁にマッハで顔面衝突した
 
いい文章が書けるようになりたい」というもの。
 
いい文章っていうのは以下のようなものを意図しています。
・まともな日本語が使えている
・読んでいて苦にならない
・読者を引き込むことができる
・情報を伝えることができる
+自分で書いていて修正ポイントに気付けるようになる
 (誤字や脱字は勿論、日本語のおかしさや文章の並び的間違いなど)




いい文章を声に出して読む話
img-17483557-1-468x302
解決策、というか学ぶべきは以下です。

1)いい文章を知る
そもそも正解を知らないとモノはアウトプットできない
2)いい文章とわるい文章の違いを感覚的に掴む
わるい文章を内容や要素をそのままにして、修正できるようにする
3)いい文章をかく
0ベースで情報を揃えるところから"いい文章"を作り上げる


その中の、大前提①【いい文章を知る】についてスポットしようかと。
その後のステップは【いい文章を知っている】なら手繰り寄せられる気がしてるので。

「いい文章を知る」には"いい文章を声に出して読む"
やっと冒頭に戻ってきました。

いい文章って?…まぁ分かりやすいものは「日経(日本経済新聞)」とかですよね。
とはいえ、良い文章ってなんぞ?て思ってる私みたいな人間には
何が"良い手本"なのか分からんです。(分かるようになれるように頑張るんですが。)

なので、本エントリーの最下部に
上司に良い文章を知るために薦めていただいた本を列挙しておきます。
 なお、私もまだ全部読破できていない模様(声がかれるのが先でしたハイ)




さて、何故「声に出して」読むのかって話。

良い文章を身体で覚える(部位としては、発声する口/考える脳みそ/聞く耳)
良い文章の感覚を覚える("違和感"に気付くためには"本来どうあるべきか"が自分の中に必要)

良い文章を
①「発声」した自分の声を
②自分の耳で「聞く」ことを繰り返して
③頭に「覚え」させる
それが板につけば、
変な文章を読んだ時に「今へんなこと言ったぞ?読みにくかったぞ?」と違和感に気付けるようになる。


継続は力なり、なので一朝一夕で身につくとも思えないので繰り返しやるしかない。
…と、これから学ぶ身である私は思っているので
とりあえず小声でボソボソ朗読することを始めます。



独り語りしたいわけでもないので「伝わる文章」が書けるようにならなくては。





書籍紹介
以下、上司に"いい文章"の土台作りに紹介していただいた書籍でございます。



次世代コミュニケーションプランニング
高広 伯彦
ソフトバンククリエイティブ
2012-03-30


 

バズる法則

ブログネタ
IT関連ニュース に参加中!
「バズる」すなわち、バズ・マーケティング。
つまり、流行るトピックってどういうのだろうね?っていう話。



バズる3つのパターン
爆発
どういう記事やトピックがバズるのかな?共有したくなるのかな?って考えた時
集約される3つの内容があるらしいですよ、という話。

  • ニュース
  • ゴシップ
  • 共感を得て、自分より的確に代弁してくれるもの

ニュースは、そりゃぁそうだ話題にしやすい。そして自分の株を下げるようなもんでもない。
「こんなのあるんだって」「こんな事件あったんだって」
単純に、共有された側が不利益になることもなく、リアクションがされやすい。

ゴシップ、これは人間の習性に近いものがありますわな。
「芸能人のAとBは交際3年目だった」「◯◯の噂を検証」
ノリで話が弾む内容、事実(あるいは、そう思しきもの)が興味を引く内容であること。
これは、やはり発信者と受信者に大きな不利益がない限りは、面白可笑しく共有される。

そして、上記二つは材料は自分以外である、ということ。
また、意図的に「バズらせたい」というのは意外と難しく、
自分のブログやツイート、WEBサイトやサービス、等々をバズらせたい!と思うなら
共感を得て、シェアする当人より的確に代弁できているもの
であることが望ましい。




共感と代弁
NKJ56_kaigisuruahiruchan500-thumb-806x500-2771
そもそも共感しないと、ノらない。
当人の方がうまく伝えられるなら、シェアしない。

「そうそう、こういうことだよwww」「こういうの欲しかったwww」「ありえねぇよなwww」

共感は、記事に共感でもいいし、シェアした当人とシェアされた側が共通認識に近い感想を持つもの。
また、表現がうまいもの。「言い得て妙」というか、まさにこういうことだよ!という気持ちよさ。

専門的な知識を持つ人しか理解できない記事はバズらない。
(ただ、その界隈の人で盛り上がるだけ。内輪のネタになるだけ。)
誰が見ても(業界外の人間でも)、内容が「理解できる」という
大前提を満たせている、というのは意外と少ないのである。




…バズるサービスやりてぇなぁオイ。
  • ライブドアブログ